無添加の洗顔石鹸について

 

 

無添加タイプの石鹸とは、皮膚へのアレルギー反応が起こるような成分が配合されていないものを指しています。

 

洗顔石鹸だけではなく、様々な化粧品にも無添加タイプの商品が販売されています。

 

現在、人間の皮膚にアレルギー反応や悪影響が起こる可能性のある成分として102種類が指定されています。

 

主なアレルギー成分は、クレンジングオイルなどに含まれている石油系界面活性剤、鉱物油、バラペンなどといった保存料、合成着色料、香料やその他の添加物などがあります。

 

無添加石鹸には、それらのアレルギー成分が一切配合せずに作られた石鹸で、別名オーガニック石鹸とも呼ばれています。

 

市販の石鹸で、肌がピリピリしたりかゆくなったりした経験がある方は、使い続けることによって、逆に肌が荒れたりするなどのトラブルが起こりやすくなるので、無添加で弱アルカリ性の石鹸を選ぶことをおすすめします。

 

また、特に肌が敏感でなくても、添加物や合成界面活性剤系が含まれた化粧品を長期間に渡って使用することによって、シミ、乾燥肌などのトラブルの原因になることがあります。



洗顔石鹸おすすめ人気ランキング!
洗顔石鹸おすすめ第一位どろ豆乳石鹸
【1】無防備に紫外線を浴びてしまった場合……………………………………    ↓    ダメージの蓄積により、皮膚の代謝機能が低下してしまい、    色素沈着をおこしてしまいます。   ……………………………………………………………………………………… 【2】暖房や冷房などで乾燥した肌の場合………………………………………    ↓    ますますその乾燥が加速してしまいます。   ……………………………………………………………………………………… ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆ ┃  ↑↑↑でも、大豆気分の新商品なら、そんな悩みは無用♪♪    ┃ ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
進化した洗うスキンケア 【初回限定半額】【送料無料】
乾燥肌、脂性肌、敏感肌、混合肌、普通肌
【2個の石鹸だからこそスッキリ&つるつる肌へ】
VALANROSEの生せっけん
国家機関認定高級ローズオイル使用!
特殊製法で成分を 生のまま お肌に届ける
ハイグレードの美容液洗顔!